Podia(ポディア)ブログ

足と靴の店ポディア(パラマウント・ワーカーズ・コープ)の情報ブログ

ご来店が多い足の幅が細い方をギャラリーにまとめました!
バナー

2016年03月

右膝の内側の痛みで来店されました。
立位
素足だと左右とも足が外に開いています。
コンフォートボロネーゼ
カウンターのしっかりした靴を履いてもらいました
※右の踵下をほんの少し上げて外に開かないようにしてみました。
足の開きに少し変化が見れます。
(画像が少しぼけたので、小さいサイズで掲載しました)

定番のコンフォートフィットのご紹介は、本社サイトの<こちら>です。
カラーや製法のオーダー承ります

お知らせ
4月の定休日 毎週火曜日、4/6(水)
フットケア 4/12(火)詳細は【こちら
体操教室 4/12(火)詳細は【こちら
のんびり歩く会 4/5(火)詳細はこちら
琵琶湖疏水、東山の山の辺の桜のはしご(初級)


いつも当店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
当店は、毎週火曜日が定休日ですが4月より
第一水曜日もお休みとなります。
→4/6、6/1、7/6、8/3
お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、
ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

なお、5月の連休期間は
5/3(火・祝日)定休日
5/4(水・祝日)営業日いたします

となります。

お知らせ
フットケア 4/12(火)詳細は【こちら
体操教室 3/27(日)、4/12(火)詳細は【こちら
のんびり歩く会 4/5(火)詳細はこちら
琵琶湖疏水、東山の山の辺の桜のはしご(初級)



レディース春夏の新作、カジュアルシューズ「フィズ」が入荷しました。
フィズ
普段履きにちょうど良いカジュアルシューズです。
軽く、柔らかい履き心地で、スニーカー感覚で歩けます。
フィズ
中敷には吸湿速乾性に優れたクールマックスインソールを使用しており、足はさらっと快適です。
縫い目が少なく、柔らかな牛革を使用しているので、履くたびに足に馴染んでいくのが魅力です。

カラーはネーブル(上記画像)と、ネイビーです。
フィズ
・甲材:牛革、裏材:豚革+スポンジ
・本底:合成ゴム+高密度スポンジ
・ヒール高:2.5cm
・鋼鉄製シャンク
・すべりにくい本底
・クールマックスインソール
・日本製

・サイズ
3E:20.0~26.0cm
E:21.0~26.0cm
C:21.5~26.5cm
A:21.5~26.5cm
2A:23.0~26.5cm
価格:17,280円(税込)

お知らせ
フットケア 4/12(火)詳細は【こちら
体操教室 3/27(日)、4/12(火)詳細は【こちら
のんびり歩く会 3/22(火)詳細はこちら
新緑の中、坂本から比叡山を経てきらら坂で修学院まで下ります(中級)


レディース春夏の新作、サンダル「レノン」が入荷しました。
レノン
歩きやすさを考えた、甲全体を包むデザインです。
サンダルなのに靴に近い、しっかりとした履き心地です。
レノン
内側にはファスナーがついているので、脱ぎ履きも簡単です。
色はシルバーグレー(画像のもの)とブロンズです。

木型はサンダル用に開発。
小指側はゆったりさせ、指先を締め付けません。
足裏をソフトにサポートするカップインソール入りです。
クッション性がよく、返りの良いソール。
ファスナーは下に倒すと下がらない、ロック機能付き。

その他のサンダルは、本社サイトの<こちら>からご覧いただけます。

・甲材:牛革、裏材:豚革
・本底:合成ゴム+高密度スポンジ
・ヒール高:約3cm
・鋼鉄製シャンク
・すべりにくい本底
・カップインソール
・日本製

・サイズ
22.0~25.0cm
2E
価格:16,120円(税込)

お知らせ
フットケア 4/12(火)詳細は【こちら
体操教室 3/27(日)、4/12(火)詳細は【こちら
のんびり歩く会 3/22(火)詳細はこちら
新緑の中、坂本から比叡山を経てきらら坂で修学院まで下ります(中級)


3月15日 京阪シティモールで「足のトラブル解消講座」を開きました。
「足のトラブル解消講座」
当日は14名の方が参加してくれました。

今回はフットビューで撮った偏平足、踵が痛い足、膝が痛い足を見てもらい、
原因と対策などをお話しました。感想を読ませてもらうと
「靴を踵で合わせる」「土踏まずの役割」「足の構造」
「巻き爪の原因」「歩き方」「紐をしめる大切さ」「タコの原因」
を理解していただいたようです。

京阪シティモールでの開催は年2回ですが、お店でも年2回ぐらい
開催し、少しでもトラブル改善の力になれればと思いました。

お知らせ
フットケア 4/12(火)詳細は【こちら
体操教室 3/27(日)、4/12(火)詳細は【こちら
のんびり歩く会 3/22(火)詳細はこちら
新緑の中、坂本から比叡山を経てきらら坂で修学院まで下ります(中級)


↑このページのトップヘ