Podia(ポディア)ブログ

足と靴の店ポディア(パラマウント・ワーカーズ・コープ)の情報ブログ

ご来店が多い足の幅が細い方をギャラリーにまとめました!
バナー

タグ:ボルサ

レディースカジュアルシューズ「ボルサ」です。

左右ともアーチが崩れ外反母趾で「どの靴をはいても親指が痛くなる」ということで、カウンターはしっかりしていて、革が柔らかく中にスポンジも貼ってあるボルサにしてもらいました。
履きやすいと調子もよく、今回はインソールの調整にご来店されました。
フットビュー
フットビュー アーチがなくなっています
インソール
アーチを少し上げるためのインソールを再成型しています
ボルサ
靴を履いたところです。
親指の横が張っていますが、革が柔らかく張りを逃がしてくれています。
この他にもワイン色を購入してくれています。

「ボルサ」のご紹介は、本社サイトの<こちら>です。
カラーや製法のオーダー承ります
ご相談ください。

足長実測:右 23.1㎝、左 23.0㎝
足囲実測:右 24.0㎝、左 23.5㎝

【今回のオーダーメニュー】
色:マリン
サイズ:23.5cm/3E
価格:20,520円(税込) 

パラマウントで一番人気のコンフォートボロネーゼ。
〈ボロネーゼ〉とはスパゲティではなく、靴の製法の名称です。

ボロネーゼ製法
靴の前半分を袋状に縫い合わせる、イタリア生まれの製法。
つま先の裏まで革がつながっているので、靴下のように足を包みます。
指の付け根でスムーズに曲がるので、足の動きに自然に吸いつき、長時間履いても疲れにくいのが特徴です。
一般的な縫製の二倍ほどの工程を要する、非常に手間のかかった製法です。

ボロネーゼ製法
「靴の前半分」とはここです↑
ボロネーゼ製法
靴底側から見た様子。白っぽい素材が袋部分です。
ボロネーゼ製法
アッパー(足の甲)部分の革がくるっと裏返り、つま先部分の袋が見えています。
この袋が靴下のように足を包んでくれています。

当店のブログでコンフォートボロネーゼの足入れ画像が特に多いのは、「足が包まれる」ようで、歩きやすいと購入者が多いからです。
長年履かれてもソールの張替えやメンテナンスを重ね長くご愛用いただいています。
また、ソールや革をお好みでカスタマイズオーダーにも対応しているため、同じ靴でもいろんな表情が楽しめます。
これまでのコンフォートボロネーゼの画像やカスタマイズ例は、<こちら>をご覧ください。
サイズ展開も豊富なので、ご来店の際はぜひ一度足入れしてみてくださいね。


お客様の靴・番外編
こちらのイラストは、お客さまのご友人が描いてくださいました。
コンフォートボロネーゼのリーフです。
コンフォートボロネーゼ
長年愛用されて底換えも2回ほどされています。
コンフォートボロネーゼ
作者は箕面市の作田美恵子様、「Y.&M.SAKUTAのホームページ」。お客様のご友人です。
「素敵な靴ね」と絵を描いていただきました。
現在ホームページ内にはコンフォートボロネーゼの日記はありませんが、素敵な絵が一杯です。
データをくださり、ありがとうございました!
コンフォートボロネーゼ
レンガのステッチダウンです。
ボルサ
こちらはボルサの白です。同じくボロネーゼ製法の靴です。

レディースカジュアルシューズ「ボルサ」です。
ボルサ
白いパンツと赤の靴のコントラストが、お似合いですね。
革の伸縮性がよいので、幅広の方にもおすすめです。
ボロネーゼ製法だから長時間歩いても疲れにくく、リピーターが多いです。

「ボルサ」のご紹介は、本社サイトの<こちら>です。
カラーや製法のオーダー承ります
ご相談ください。

【今回のオーダーメニュー】
色:赤
サイズ:24.0cm/3E
価格:20,520円(税込)



↑このページのトップヘ