Podia(ポディア)ブログ

足と靴の店ポディア(パラマウント・ワーカーズ・コープ)の情報ブログ

ご来店が多い足の幅が細い方をギャラリーにまとめました!
バナー

タグ:ミズノ

皆様、こんにちは。ポディアでございます。

10月に入り、今年もあと残すところ数か月となりました。
秋冬の衣替えは済まれましたか?
伴って、足元の衣替え・見直しはいかがでしょうか??

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

ミズノ MR-1 LX (スニーカー)

ミズノMラインの復刻版。より上質なスニーカーを好む方に向けたオールレザーモデルに「トリプルブラック」が登場。
MR1LX
オールブラックで、昨今のビジネスシーンでのスニーカー需要にも応えることが可能なシーンを選ばない1足。多少の雨を苦にしないカウレザーを採用し、日常の上質なスニーカーとしての提案モデル。
MR1LX (6)
甲材 : 天然皮革
底材 : ゴム材
原産国: 日本製
MR1LX (7)


MR1LX (5)
カラー: ブラック
サイズ: 23.0㎝~ *店舗によって取り扱いサイズが異なりますので、お問合せください
価格 : 20,000円+税


<ポディアからご来店に際してのお願い>
現在、当店では「来店予約」をお願いしております。
密空間を作らず、安心してお過ごしいただけるよう、取り組んでおります。
何卒、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
◎下記に各店の予約方法を記載しておりますので、ご活用ください。

≪ポディア店舗情報≫
ポディア飯田橋店   電話予約のみ:03-5225-0054
営業時間:10時~18時
休業日:日曜日    

ポディア武蔵小杉店  電話&ネット予約可能 
営業時間:10時~18時
休業日:日曜日

ポディア大阪京橋店  電話&ネット予約可能
営業時間:10時~18時
休業日:日曜日

ポディア聖蹟桜ヶ丘店 電話&ネット予約可能
営業時間:10時~19時
*休業日は京王アートマン準じます

オンラインショップ開店中!! ショップへ!!
24時間いつでもお買い物ができます。ぜひご利用ください♬

Instagram ・ Facebook ・ Twitter
「@podia_para」「足と靴のポディア」で検索してください!

皆様、こんにちは。ポディアでございます。

先週からシリーズでお伝えしています、
弊社ロングセラーのコンフォートボロネーゼの
製造工程の最終回!!第6弾をお送りします。


仕上げ1
・仕上げていきます
仕上げ2
・お化粧タイム
仕上げ3
・紐通し
紐通し
・箱入り娘さまになりました。
箱入れ

6回にわたって、弊社の製品製造工程をご覧いただきました。
他の製品でも、ここが知りたい!など疑問に思われることが
ありましたら、店舗スタッフ・メールなどでご意見お寄せください。


*ポディア店舗情報*

当店ではコロナ対策として、
お客さまにはご予約をお願いしております。

さらに、店舗スタッフは最小限の人数を配置して
お客様対応するようにしています。

そうすることで店内が、密状態にならないように努めています。
コロナ前からですが、店内は「疎」状態です。

「疎」状態には自信があります。だから、ご安心くださいませ。
今なら、なんと「店内貸し切り」が体験できます。

◎皆様のご予約・ご来店お待ちしております。



今週は弊社ロングセラーのコンフォートボロネーゼができるまでを

ご紹介しています。


・頭が丸坊主になったコンフォートボロネーゼたち
丸坊主ボロネーゼ

 先芯が装着されるのを心待ちにしてます。
先芯装着

・先芯を入れることで型崩れ防止になり、靴の強度が増します。
トゥラスター1

・トゥラスターにかけて、顔を決めます。
トゥラスター2

・ワニを使って裏面を整えます。
ワニで整える

・熱風を当てて、余計なしわを伸ばします。

アンチエイジング


当社では、自社工場にて一足一足心を込めて製造しております。

なかなかこのような工程をお見せすることがこれまでなく、

お客様からもご質問いただいていましたので、ご紹介させていただきました。


また、何か疑問に思うことなどございましたら、店舗スタッフまたは、メールなどで

ご質問をお寄せくださいませ。こちらでもご紹介させていただきます。

こんにちは。ポディアでございます。
昨日から弊社ロングセラーのコンフォートボロネーゼができるまでを

ご紹介しております。
(今回は、昨日の前工程をお届けします)


●アッパー(靴の上部分)に紐を通して作業しやすくします。
1

・アッパーを開いて踵芯を装着します。
2

●弊社では内側アーチの支えをしっかりさせるために内側が長く

なっているロングカウンターを使用しています。

3

4
●乾かします。アッパーの干物の出来上がり
5

その後【第2工程へ】進みます!!

当社では、自社工場にて一足一足心を込めて製造しております。
なかなかこのような工程をお見せすることがこれまでなく、
お客様からもご質問いただいていましたので、ご紹介させていただきました。

また、何か疑問に思うことなどございましたら、店舗スタッフまたは、メールなどで
ご質問をお寄せくださいませ。こちらでもご紹介させていただきます。

皆様、こんにちは。ポディアでございます。

今日は、工場見学「第二弾」をお届けいたします!!

当社、定番靴「コンフォートボロネーゼ(OR702)」の製造工程です。
●乾いたアッパー
乾いたアッパー
●乾いたアッパーに木型を入れます。
木型が入った状態
コンフォートボロネーゼはボロネーゼ製法で作られているので、その製法名が由来しています。

特徴はつま先が袋状になっているため、中底には半中底(つま先部分が無い半分の中底)を使用します。
木型が入った状態2
●これにより靴の屈曲性が増します。木型を入れるときにはアッパーの袋に木型をはめ込みます
木型を入れているところ

●半中底を入れます。
脇を釣込む

●脇をワニを使って釣込みます。
脇を釣込む2

●ヒールラスターにかけます
ヒールラスターにかける

この後、ソールを装着したり、仕上げ工程に向かいます。

当社では、自社工場にて一足一足心を込めて製造しております。
なかなかこのような工程をお見せすることがこれまでなく、
お客様からもご質問いただいていましたので、ご紹介させていただきました。

また、何か疑問に思うことなどございましたら、店舗スタッフまたは、メールなどで
ご質問をお寄せくださいませ。こちらでもご紹介させていただきます。

↑このページのトップヘ